格安飛行機は年末年始でも使える?それをゲットするポイントは?

年末年始は、電車もバスも、そして、飛行機なんてもっと限りある空間なので、すぐに席が埋まってしまいますよね。

そして、常に高いという印象がありませんか。では、格安飛行機は年末年始でも使えるのか、それをうまくゲットするポイントと言うのは何かということを、ここでは知っていただきたいと思います。

年末年始でも格安飛行機はもちろんゲットできます!

年末年始、特に地方出身者の方は、東京に出てきて、そして、この大型連休に実家でゆっくりしたい、新しい始まりの念を家族と一緒に過ごしたいと思いますよね。

しかし、1人だけでもその航空券はかなり高いのに、家族がいたとしたら、もっとその航空券代金は高くなってしまい、帰りたくても実家に帰れないという状況にあったことがある方は少なくないはずです。

では、少しでもその航空券代金を安くするために、格安飛行機がこの時期に利用できるか気になるところですよね。答えは、できるのですが、正直、これは早めにゲットしないとすぐに安い料金から埋まっていってしまいますので、早めに行動をとらなければいけないのがポイントです。

会社の休みなどは、大体年間を通じて予定が出ているはずですから、もうそれを頭に入れておけば、すぐに格安飛行機の手続きに入ることができますよね。ただし、航空券の発売は、通常、国内線であれば2ヶ月前からの発売となります。

とはいえ、最近では75日前予約などもあります。格安航空会社だけでなく、大手航空会社もご搭乗日のだいぶ前の日にちから航空券を販売しています。余裕をもって、最安値で格安飛行機を利用したいのであれば、まずは様々なサイトのチェックをすることも大切です。

これはもちろん、国内線に限らず、国際線に関してもいえることです。国際線の場合も格安飛行機は年末年始に出ていますが、そもそもの設定料金が通常よりも高めに設定されています。

それでも普通運賃よりははるかに安いです。ですから、できるだけ早くどこへ行くのか決めること、そして、どんな航空会社がその土地には就航しているのかをチェックしておくと、格安飛行機の探し方も絞られてきます。

年末年始の格安飛行機を出来るだけ安くゲットするには

先にふれたように、年末年始でも格安飛行機は飛んでいますから、もちろん、利用できます。しかし、普通運賃で飛行機に乗るにしても、年末年始はとにかく満席状態で、乗ることが困難ですよね。

そこで、年末年始の格安飛行機の航空券をできるだけ安く確実にゲットする方法をご紹介したいと思います。まずは、仕事をされている方であれば、必ず職場の休みの日を把握してください。

それを踏まえた上で、次は、旅行に行く日はいつからいつまでかということを決めて下さい。できれば、日付のフィックスは、旅行へ行く半年前までには済ませていただきたい所です。

というのも、海外へ行かれる場合は、格安飛行機は通常6ヶ月前から販売されていることが多いためです。それより前に発売しているものもあるので、とにかく早い行動をとってください。そして、どこへ行くかを具体的に決めましょう。

そうすれば、行きたい場所へ飛んでいるフライトや航空会社は限られていますから、どの航空会社をチェックすればよいのか、どんな時間にフライトは飛んでいるのかがわかるからです。ただ、いちいち1つ1つの航空会社のホームページをチェックするのでは時間の無駄ですし、面倒くさいです。

そして、より安い格安飛行機を見つけるためには、比較サイトを利用しましょう。スカイスキャナーやExpediaなどを利用しましょう。そうすれば、一番安い料金が表示されます。そこで1番安い航空券を選べば、その時点での最安値で格安飛行機を利用できるというわけです。

また、旅行会社などがたまに年末年始のキャンペーンを実施していることもありますので、こういった情報も随時チェックするようにしましょう。まずは早めの行動が大切です。

格安飛行機を年末年始でも安く利用するならマイルを利用を!

できる限り前もって行動すること、これが年末年始の航空券をより安く利用できるということはお伝えした通りです。ですが、皆さん、もう1つ、年末年始の格安航空券をゲットする方法があると思いませんか。

それは、貯まったマイレージを使用するという方法です。最近では、格安航空会社やLCCでも独自のマイレージプログラムを持っているので、どんな航空会社に乗ってもマイレージはほぼ加算されるような状態になっています。

大手航空会社ともなれば、アライアンスがあるので、そのアライアンス内の航空会社であれば、1つのアカウントにマイルをどんどん加算することができるようになっていますよね。このマイルが貯まっているならば、年末年始の格安飛行機に使いましょう。特典航空券、要はフリーチケットを購入するのです。

航空券の値段は無料ですが、税金は払う必要があります。税金は年末年始であってもそれ以外の時期であっても変わりません。ただし、最近では燃油サーチャージに変化があるので、この料金が変われば支払金額も異なってきます。

これを利用すれば、通常でも10万円くらいする格安飛行機が、数万円で済むなど、かなり安くつきます。大体、搭乗の半年くらい前からフリーチケットは予約できるようになっています。

ですので、やはり、ここでも早めの行動と予定をフィックスさせるということが必要になりますので、頭に入れておきましょう。年末年始にフリーチケットで格安飛行機を利用したいのであれば、日頃から乗る航空会社にもこだわりましょう。

同じアライアンスのものや、LCCならいつも同じLCCを利用することで、マイルはたまりやすくなり、年末年始に利用できるので、これを意識してくださいね。

年末年始、大手航空会社ではなく格安飛行機を利用するメリットは?

格安飛行機を年末年始出も利用できることはわかったけども、もちろん、大手航空会社も利用できますよね。では、あえて、大手航空会社ではなく、格安飛行機を利用するメリットとは何なのでしょうか。

そもそも、格安飛行機というのであれば、大手航空会社も含みます。中でも、ANAは昔から格安航空券を提供してきた、格安飛行機の仲間として、昔からやってきた仲です。大手航空会社ですが、格安航空会社やLCCと常に互角をはってきた航空会社でもあります。

最近では、やっとJALも格安航空券を出してきて、格安飛行機の1つとなっています。ですので、正直、格安飛行機とくくるのであれば、大手航空会社もその1つなのです。それを踏まえた上で、どう大手航空会社と格安飛行機は違うかというと、まずは、当然格安飛行機を使えばコストダウンができるわけです。

あなたの旅費も浮き、その分、他のことにその費用をあてることができます。大手航空会社を利用すると、同じ普通運賃であっても、ほぼ2倍ともいえるような価格です。やはり値段面では常に格安飛行機に軍配は上がってしまいます。

他にも、格安飛行機を使う方が年末年始には良いということもあります。比較的、格安航空会社やLCCはオーバーブッキングが起こりにくいといえるでしょう。そもそも、大手航空会社の場合は、料金にかなりの差があるために、オーバーブッキングももちろん法律で許されていますし、料金によっての条件の違いがあります。

そのため、料金を高く支払えば支払うほど、オーバーブッキングした際には、高い料金を支払った方は、優先して搭乗できるようになっており、安いりけっとを購入された方は乗れないこともたまにあります。しかし、格安飛行機を利用する際には、ほぼ値段に差もないので、そういったことも起こりにくいです。

格安航空券 比較はこちら